シリーズ攻略・解析

地相

最終更新日:

地相とは

戦闘時の地形に属性が宿る場合があります。これを地相といいます。
地相によって一部の術の威力が強化されたり、
仲間キャラやモンスターによっては、再生(ターン終了時にHP回復)が発生することがある。

なお、地相は画面に表示されないので、現在の状態がよく分からない。
術の威力が上がっていたり、再生が発生しているかなどで判断するしかない。

下記画像だと現在は火の地相で、火の精霊に再生が発生しています。

火の精霊が地相によって再生が発生している状態

地相の種類

全部で8種類の地相が存在しています。天地相は無いようです。
無地相が天っぽいのですが、ダメージも増加されないので、やはり無しとしておきます。

※火の指輪や水の指輪などの装備は、リマスター版の追加装備です

地相 効果 再生が発生する種族・装備 場所
火術ダメージ1.25倍
(ファイアーボール、セルフバーニング、フレイムウィップ)
火の精(サラマンダーなど)
火の指輪
水術ダメージ1.25倍
(しかし水術に攻撃術がない)
水の精(ネレイドなど)
水の指輪
地術ダメージ1.25倍
(ストーンシャワー)
地の精(モールなど)
地の指輪
風術ダメージ1.25倍
(ウインドカッター、体力吸収)
風の精(イーリスなど)
風の指輪
悪魔、アンデッド、ボス
冥(強) 冥術のダメージ1.25倍
(ペイン)
悪魔、アンデッド、ボス
火山 火・地の精以外の敵味方全員に、ターン終了時ダメージ
ダメージ = 最大HP/8+45-体力*2
コムルーン火山(岩戦)
無(天)

地相の変化

一部の術を使用すると、地相が変化することがあります。※火山地相の場合は変化しない
属性は、火⇔水、地⇔風、天⇔冥が相反しており、相反する属性を使用することで
打ち消したり、使用した属性に変化させることが可能。

なお、相反しあう属性以外は別管理なので、例えば「火風冥」といった複合地相になることもある。

地相変化図

例えば現在の地相が水の時、火術を使うと100%で無地相になる。
さらに火術を使うと25%で火地相になる。

SFC版で火地相から無地相に変化しないのはバグ。
現在の地相が火なのに、間違って水地相を取り除くような処理になっている。
リマスター版は修正されていて、水術を使うと100%で無に戻ります。


火術(25%)
水術(25%)


火術(100%)
地術(100%)


風術(25%)
地術(25%)


風術(100%)
無(天)
冥術(25%)


天術(25%)
冥術(25%)


天術(25%)
冥(強)

地相変化を起こす術

合成術は、天や冥が含まれる術のみ地相変化を起こします。
クイックタイム、ファイアストーム、アビスゲートのみ特殊仕様になっています。
※アビスゲートはラスボス専用技

火術 ファイアーボール、セルフバーニング、フレイムウィップ、黒点破、リヴァイヴァ
火術(強制) ファイアストーム(水地相を消して、必ず火地相に変化させる)
水術 生命の水、元気の水、霧隠れ、水舞い
水術(特殊) クイックタイム(初期地相に戻す)
風術 ウインドカッター、エアスクリーン、ミサイルガード、体力吸収、風神剣
地術 金剛力、 足がらめ、アースヒール、 ストーンシャワー、金剛盾
天術 ライトボール、月光、太陽光線、ソードバリア、ギャラクシィ
セイントファイア、クリムゾンフレア、ダイアモンドダスト
プリズムライト、アークサンダー、光の壁、妖精光、太陽風
冥術 ペイン、ホラー、クロウエクステンド、デッドリードライブ、シャドウサーバント
ヘルファイア、ゴーストライト、ポイゾナスブロウ、イルストーム
サンドストーム、レイスフォーム、ダークスフィア、ヴォーテクス
冥術(強制) アビスゲート(全地相を消して、必ず冥地相に変化させる)

初期地相

戦闘背景ごとに、戦闘開始時の地相が決まっています。
間違いや抜けの場所が分かる人はお知らせください。

地域 地相
砦・要塞・塔
ソーモン、チョントウ城(内部)
下水道、沈没船、船内
ワイリンガ湖(海の主戦含む)
コムルーン海峡
屋根の上
ステップ、サバンナ、ナゼール海峡
ハクロ城
高原・火山・村
洞窟、鉱山、白アリの巣
砦(外)、長城、チョントウ城(外)
魔道士の砦
遺跡
砂漠 火風
ハリア半島(外)、チカパ山(外)、大氷原 水風
サラマット 水地
ラストダンジョン 冥強