【Windows】隠しフォルダー・隠しファイルの表示設定

最終更新日:

隠しファイルとは

Windowsでは、システムに関わる重要なファイルやフォルダーは非表示にしています。
誤って移動・削除されないようにするためのもので、
パソコン操作に慣れていない人はこのままでいいと思いますが、
いろいろなファイルを操作したくなってくると、表示させたい場面も出てくるかと思います。

本ページでは表示させる手順について紹介しています。

設定方法

Windows8.1、10での設定方法です。

  1. エクスプローラーを開きます(Windowsキーを押しながらEキーを押す)
  2. 上部のメニューバーから「表示」→「オプション」を選択
  3. フォルダーオプション画面にて「表示」タブを選択し、[詳細設定] で、
    「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択
  4. 「OK」ボタンで設定完了