サイト内検索

8逃げバグ

最終更新日:

8逃げバグとは

ボス戦などで逃げられない戦闘の場合、
8回逃げた後に通常攻撃すると、必ず会心の一撃が発生するというバグ。

デスピサロが倒せない子のための救済裏技とも考えられたが、
これは開発者様からもバグと発言されています。

私もバグではなく用意された裏技かなと思ってました。
やはりデスピサロ戦でよく使っていましたね。

ちなみにPS版以降のリメイク作品では発生しません。

開発スタッフ様の動画

2021年に開発スタッフ様が動画を公開しています。

ここでバグであることが明確になっています。
確かに人のためになるバグですね!

バグ発生の仕組み

動画見て処理がどうなっているか詳しく見てみました。

まず戦闘で逃げるを失敗すると、逃げ回数が+1されます。
ただしファミコンではメモリの容量が少なかったため
1byteで複数の要素を管理していました。

1byte=8bit(2進数)
0 0 0 0 0 0 0 0

この中で右側の2bit分が逃げ回数として使われています。

実際の処理では、逃げ回数が+1されたとしても、
通常の敵であれば4回目の逃げるで必ず逃げ切れるため、
4回以上の値が入ることを考慮した処理になっていません。
このアドレスに+1するだけになっています。

しかしながらボス戦は逃げられないので、
逃げ回数が4以上になってしまいます。
8回逃走失敗するとこうなります。

1byte=8bit(2進数)
0 0 0 0 1 0 0 0

このbitはパルプンテで「力がみなぎってきた」が発生した時にONになる場所です。
これが通常攻撃が必ず会心の一撃になる効果です。

なお、ボス戦ではパルプンテを使っても
「力がみなぎってきた」は発生しないようになっています。
このバグ技でしか発生しません。

逃げ回数による効果

実際は88回などでも会心フラグは立っているので正確ではないが、
分かりやすく逃げた回数による効果を一覧にしました。
255回の時に逃走失敗すると0回に戻ります。

戦闘状況によっては最初からONになっているフラグもある。
複数種のモンスターが出現すれば、戦闘開始時から64回になっている。

逃げ回数が128回以上になると、敵味方が呪文使用不可になる。

とりあえず有益なフラグは、やはり会心フラグだけかなと思います。

逃げ回数 bit桁 効果
0~3 1~2 逃げ回数カウント
4~7 3 時の砂使用済み
8~15 4 パルプンテ「力がみなぎってきた」
必ず会心の一撃が発生する
16~31 5 敵を1体でも倒した際にONになる
32~63 6 効果なし
64~127 7 魔物の群れ
(複数種のモンスターが登場した際にONになる)
128~255 8 パルプンテ「不思議な霧」
敵味方が呪文使用不可になる

会心の最短発生

時の砂を使用すると3桁目のbitがONになります。

よって、時の砂を使用してから逃げるを4回行えば
最短で「常に会心フラグ」をONにできます。

ただしデスピサロ戦では時の砂が使用できないので、
この小技は使えないのが残念。