【HTML5】対応ブラウザ・違い・移行手順

最終更新日:

HTML5とは

HTML(HyperText Markup Language)という言語は発展を続けており、
HTML5は5回目の改訂版のことです。

大きな特徴としては、動画・音楽などをFlashでの埋め込みが不要になり、
Flash Playerというプラグインが要らない点が私達には大きな影響があったと思います。

もう世に出てから何年も経っているのですが、
私のホームページは古いままで、現在の記述には適応してない状況でした。

そのため、移行した際に行ったことを紹介しようと思います。

対応ブラウザ

メジャーなブラウザの最新版なら全てHTML5も対応しています。
私のオススメはFirefoxとChromeです。

記述の違いと移行

古いホームページをお持ちの方は、HTML5の記述に合わせてみましょう。
以前の記述よりシンプルになっているので、コードをスッキリさせることができます。

以前の記述 HTML5の記述
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <!DOCTYPE html>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"> <meta charset="utf-8">
<meta http-equiv="content-language" content="ja"> <html>を<html lang="ja">にしているなら不要
<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css"> いらない
<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript"> いらない
<link rel="stylesheet" type="text/css" href=""> <link rel="stylesheet" href="">
<script type="text/javascript" src=""></script> <script src=""></script>
<br /> <br>
※linkタグなども末尾に/があれば消していい