YouTube収益化(条件・審査)

最終更新日:

YouTube収益化

YouTube収益化

YouTubeでは、動画を投稿して収益を得ることができます。
条件や審査があるため、誰でも簡単に収益化できるものではありませんが、
チャンネル開設自体は簡単、スマートフォンなどで撮影してアップロードも簡単と、
挑戦自体は簡単なので、試してみる価値は十分にあります。
最近はYouTuberが増加していて、突き抜けた存在になるのは大変だとは思います。

収益化の最小要件

収益化するには、下記の条件を満たす必要があります。
まずはAdSenseのアカウントを作成しましょう。
そして、しばらく収入は無しで動画を投稿し続けて、
再生数やチャンネル登録者数を獲得しなければならない。

これを満たした後、さらにチャンネルの審査に続きます。

審査基準

基準は収益化ポリシーを遵守しているかが確認されます。
アダルト、過激すぎるもの、著作権侵害などをまずは気を付ければいいかなと思います。
動画数などは考慮されていないと思われます。

ただし、投稿などの活動が6か月以上行われていないチャンネルは、
収益化が無効となる可能性がある。活発に活動されていた方がよいでしょう。

落ちた場合の再審査

審査は落ちてしまうこともあります。
私も2020年12月現在で審査をしてみましたが、落ちてしまいました。
まぁMAD動画1つしかなく、すでに収益化できない動画なので
厳しいのはわかっておりましたが。。

再審査は1ヶ月経たないとできません。
それまでにYouTubeからのフィードバックを確認して改善に努めます。

私の場合はMADなので「再利用されたコンテンツ」に該当しています。
下記を気をつける必要があります。
MADは残したいので、説明・解説を入れることで良しとならないかなど試す予定。
さらに動画を増やし、いろいろ工夫して審査が通ったらまた追記したいと思います。

収益化が許可される例

収益化が許可されない例