【Google AdSense】サイト審査基準

最終更新日:

サイト審査とは

アドセンスは、審査が通らないと実際に広告が表示されません。
収益を発生させるために、まずはサイトの審査を合格できるように努力しましょう。

Google AdSenseの申し込みは、Googleの公式ページを参考に行うのが一番でしょう。
AdSense へのお申し込み

私も当サイトの審査を「2020年9月から11月」くらいの間ずっとやっていました。
コロナ禍のためか、苦戦したのでどのような感じであったか書いていきたいと思います。

サイト審査結果

審査基準

AdSense プログラム ポリシーに準拠していることが必要です。
他には下記を心がけていればいいと思います。

私が初めて審査した2010年前後ですとで7ページくらいで審査に合格していたと思います。
1ページ当たりの文字数も500程度で合格していました。

審査期間

結果は1日以内に帰ってくることもあれば、2週間程度かかることもあるようです、
私が試した限りでは、当日から3日以内で返答が来ていました。

なお、サイトが作りたての場合や、コンテンツが少ない場合において、
審査が遅くなることもあるようです。(もう少し時間を置いて審査したいのかも)

加えて、コロナの影響などで、審査ができないといった時期もあったので、
これからの情勢次第で、また審査が遅れるということも考えられます。

審査を実際に行った結果

当サイトの審査は、コロナの影響なのか5回程度は落ちています。
初めて審査した時でも90ページ作成しており、1ページ当たりの文字数は平均800程度。
不合格の理由は「コンテンツの量が不十分なサイト」となっていました。

以降も150ページまで増やしたり、プライバシーポリシーのページを作ったりしましたが、不合格が続きます。
再審査は1~2週間後くらいを目安に行いました。

そのうち合格となったのですが、この時試したのは2つです。

この対応を行った後に合格となりました。FC2ブログの方もついでに合格しました。
当サイトは広告外したくらいしかしていません。
そしてブログは8年くらい続けているものですが、広告が付いているのでよくわかりません。

ここで考えられる理由は「独自ドメイン」かなと思いました。
独自ドメイン「gcgx.games」は6月くらいに契約しています。
このように新しいドメインは、信頼が無いため合格しづらい可能性があります。
150日くらいの運用が認められたため合格したのかなと思っています。

独自ドメインを長く運用し続けることで、サイトとしての信頼性も高まります。
早めに独自ドメインを取得して、まずはサイトを作っておき、
インデックス登録を早めにしておくと良いかなと思いました。

そしてコンテンツを増やしつつ、時間を置いて再審査を続けていれば、
必ず審査は通るはずです。続けることが大切です。