サイト内検索

噂・伝説

本作にまつわるエピソード

BIG3とも呼ばれる大物タレント「ビートたけし」さんの作品のため、
制作秘話や気になるエピソードがあります。

これまで見聞きしたエピソードをまとめておこうと思います。
情報元も掲載しています。

制作の経緯

後述のオリコンの記事内に書いてありますが、
ビートたけしさんサイドからお話があったそうです

当時ゲームが爆発的に売れていて、
新たな表現の場として興味を持ったとされています。

※1985年にスーパーマリオブラザーズが発売されており、
この頃はかなりファミコンが注目されていました。

理不尽な難易度

ビートたけしのアイデアを真面目にゲームに取り入れた結果であると語られる事が多い。
ゲームセンターCX第1シーズン第1回や、後述のマイクロマウス工房様で様子が伺える。

TV番組「ビートたけしのいかがなもの会 現代の超天才30人SP」(2016年4月24放送)では、
ビートたけしさんから、「あまりにもバカバカしいけど解ける」ゲームが作りたかった、
長時間待つことや歌を唄うといった、下らないことをやらなきゃダメなことには
気が付かないだろうとアイデアを書き殴ったとコメントしている。

このゲームをきっかけに、多くの出版社からゲーム攻略本が出るようになったと言われている。

担当者は死にました

攻略本の出版社「太田出版」によると、攻略本の販売当時、1日に400件の電話が殺到し、
読んでも解けないと苦情の嵐であったという。

対応に苦慮したため「担当者は死にました」と回答していたという。

上記は、ゲームセンターCXの第1シーズン第1回で語られています
さらに有野課長がクリアにも挑戦している。

ちなみに「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」というゲームタイトルの由来にもなっている。

本作に関するページを集めました。